心得ておくべきこと

12月 2, 2017 · Posted in · 心得ておくべきこと はコメントを受け付けていません。 

利用者と可能な限り密にコミュニケーションを取っていくというのが、介護の仕事をしていく上では最も重要な心得になります。
介護の基本は、コミュニケーションにあることを忘れずに仕事をすると、より良い結果が出やすくなります。というよりも、コミュニケーション不足のままで仕事を進めていくと、思わぬトラブルに直面することもあります。介護者が担当を代えてくれと言い出すことも少なくはありません。そうなれば、通常の業務が満足にできなくなるということなので、そうした事態だけは避けなければいけません。介護者に拒絶されることが増えれば、雑用しか仕事がなくなってしまいます。介護士として、するべきことが出来ないということになるので、そうならないように立ち回る必要があります。
介護は人間関係がすべてなので、介護者といかに良好な関係を築き上げるかが介護士の腕の見せ所となるようです。中には偏屈な人もいるのが、介護業界の難しいところになります。ただ、わがままを言うような介護者であっても、しっかりとコミュニケーションを取っていけば理解し合うことは十分可能だと思います。相手のことをよく知る努力をして、根気強く話しかけていくだけでも結果は違ってきます。
最初は、誰もがコミュニケーションには苦労をするようです。しかし、長く続けてさえいれば、その部分についても成長をしていけることでしょう。三年程度経験をすれば、会話が苦手だった人もスムーズに介護者の相手ができるようになっていけるので心配は不要です。